カッチリオールインワンゲル

人気記事ランキング

ホーム > ラン活 > 本格的な「ラン活」の時期

本格的な「ラン活」の時期

暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年小学校へ入学する子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

平均購入価格は4万円台になっているようです。

市場には1万円台~と安価な製品もあるようですが世の中には1万円台の製品もあるようですが6年間使い続けるということを考えると相場より安いものだと気持ち的には不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

毎年のように選択肢が増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にも流行り廃りは存在していてラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では水色や紫などのパステルカラーが人気なようです。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、メーカーによってはピンクに近い色合いも赤系に含める場合があります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない部分を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

居間で勉強をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となりただリビングに置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは祖父母と一緒に子供連れの家族がランドセルを一緒に見に来ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間の無料保証があるので安心して使用できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

【PR】 ランドセル買うなら